科目名:機械工学実験2年通期木3
英文名 Experiments of Mechanical Engineering
ふりがな きしもとけん
担当者 岸本 健
授業のねらいと概要:
本実験科目は、実験を通じて機械工学に関するこれまで得た知識を使って、その理解を深めるとともに応用力の養成を狙いとしている。機械工学実験(春期)及び機械工学実験(秋期)ともに、実験を通じて測定の原理や構造について理解し、実験の成果、まとめ方、データの整理方法、評価等をレポートにより報告してもらう。
一つの実験項目は、課題レポート・事前レポート、実験、実験レポート、試問等で構成され、2週間かけて行う。実験項目は、秋期の機械工学実験ともに、ガイダンス時に説明する。なお、本実験科目は履修学生を2分して少人数教育で実施する予定である。
レポートの提出については、次のことに注意する。
(1) 実験レポートは、翌週火曜日10:00までに実習工場管理室に提出する。
(2) 提出が遅れたレポートは、期限外として受け取るが、採点の対象としないことがある。
(3) 再提出は、試問日の翌週火曜日10:00 までに実習工場管理室に提出する。
(4) 再々提出はない。
その他については、ガイダンス時に説明する。
教科書:
参考書:
その他必要なもの:筆記具、ノート、電卓他
評価法:
レポート他
実験を受講し、レポート作成と提出、試問等により評価する
【授業計画】
回数授 業 内 容 と そ れ に 必 要 な 準 備
第1回
ガイダンス
実験項目、日程、班分けの資料配布:
第2回
課題演習:
第3回
課題演習:
第4回
課題演習:
第5回
課題演習:
第6回
課題演習:
第7回
課題演習:
第8回
課題演習:
第9回
課題演習:
第10回
課題演習:
第11回
課題演習:
第12回
課題演習:
第13回
課題演習(予備日):
第14回
課題演習(予備日):