科目名:工業熱力学B2年春期木2
英文名 Seminar on Industrial Thermodynamics A
ふりがな きしもとけん
担当者 岸本 健
授業のねらいと概要:
工業熱力学Aの講義で得た知識を基礎として、具体的な熱現象事例を題材にした演習問題を解いて理解力を養成する。
教科書:斎藤、小泉著、 「工業熱力学」、 共立出版
参考書:Yunus A Cengel,Micheal A Boles著、 図解基礎熱力学、オーム社
その他必要なもの:電卓、レポート用紙、グラフ用紙
授業ホームページ
評価法:
前期試験
【授業計画】
回数授 業 内 容 と そ れ に 必 要 な 準 備
第1回
物理のエネルギー関係の問題と、単位換算:
第2回
温度と熱量。熱力学で使用する変数とその単位換算:
第3回
保有エネルギーと内部エネルギー、エンタルピおよび仕事の概念。熱収支、熱エネルギーの移動と損失:
第4回
理想気体の状態変化と熱エネルギー変数の関係(定容、定圧、等温変化):
第5回
理想気体の状態変化と仕事と出入りする熱エネルギーについての問題:
第6回
理想気体の状態変化と熱エネルギー変数の関係(断熱変化):
第7回
定常現象、周期的変動現象、非定常現象についての簡単な問題:
第8回
エントロピの計算方法。効率と不可逆過程、熱損失の問題:
第9回
エントロピと自由エネルギーや有効エネルギーについて:
第10回
エネルギーバランスの問題:
第11回
内燃機関のサイクル:
第12回
流体の運動エネルギーと熱エネルギーの組合せと基本概念: