科目名:ゼミナール春期
英文名 Practical Seminor
ふりがな きしもとけん
担当者 岸本 健
授業のねらいと概要:
UNIX の操作の習得,おもちゃロボットの製作を通してものづくりの基礎を学び、実践する。週2回2こま授業(一つは燃焼工学)。
教科書:研究室作成テキスト
参考書:
その他必要なもの:UNIX/Linuxの初歩(同名の書籍なら問わない)
評価法:
講義では課題を提出する。この課題の消化過程。おもちゃロボット製作では、最初に計画したものに沿って完成した作品の提出をして成果を評価する。
【授業計画】
回数授 業 内 容 と そ れ に 必 要 な 準 備
第1回
熱化学平衡(I):
第2回
熱化学平衡(II):
第3回
熱化学平衡計算方法と実行:
第4回
層流火炎と火炎面の構造:
第5回
乱流火炎と火炎の構造:
第6回
乱流火炎と火炎の構造:
第7回
乱流火炎と計測法:
第8回
液滴の燃焼:
第9回
拡散蒸発過程の計算:
第10回
化学反応:
第11回
分子運動と化学反応化学反応の計算方法(I):
第12回
化学反応の計算方法(I):
第13回
化学反応の計算方法(II):
第14回
計算の実習: