科目名:工業熱力学B2年秋期木1
英文名 Industrial Thermodynamics B
ふりがな きしもとけん
担当者 岸本 健
授業のねらいと概要:
熱力学の基礎知識を解説する。教科書に沿って授業を行う。内容には、温度、エネルギーの概念、熱力学の4つの法則、及び実際の問題における熱力学的考え方への取り組みを含む。
高学年において履修する必要のある工学的問題すべてへの取り組みについて、エネルギーを題材に初歩的な技術者としてセンスを習熟することを授業のねらいとしている。
授業の内容を用いて、併設されている「工業熱力学演習A」で試験として問題を解くことで実際に近い問題の理解力と問題に対する処理能力を養成する。
受講には、高等学校までに修得した基本的な数学の能力を必要とする。特に、対数と指数の取り扱いができること。また、数式中の文字の意味を把握する能力が必要。また、物理と化学の基本的な知識が必要となる。
同時に、必ず、予習してくる必要がある。
教科書:斎藤、小泉著、 「工業熱力学」、 共立出版
参考書:Yunus A Cengel,Micheal A Boles著、 図解基礎熱力学、オーム社
その他必要なもの:電卓、レポート用紙、グラフ用紙
授業ホームページ
評価法:
期末試験有り。
期末試験に加えて、毎時間のテスト、オンラインテストの集計で評価する。
【授業計画】
回数授 業 内 容 と そ れ に 必 要 な 準 備
第1回
熱とは、熱力学で使う単位や諸量の基礎
第2回
熱と分子・原子の運動
第3回
力学エネルギと熱エネルギー
第4回
熱力学の第一法則
第5回
理想気体の状態方程式
第6回
理想気体の状態変化
第7回
熱力学の第二法則
第8回
カルノーサイクル
第9回
エンタルピとエントロピ
第10回
有効エネルギーと自由エネルギー
第11回
理想気体のサイクル
第12回
理想気体の断熱サイクル
第13回
内燃機関のサイクルl