科目名:工業熱力学演習B2年秋期木2
英文名 Seminar on Industrial Thermodynamics B
ふりがな きしもとけん
担当者 岸本 健
授業のねらいと概要:
工業熱力学Bの内容について基礎的問題をテスト形式もしくはレポート問題として出題し、解答することで工学的な問題の解決方法を習得し、解放系における熱力学を把握させる。特に、ガスタービンやボイラーなどの実用機器のサイクル、一般燃焼器や熱交換器など燃焼や伝熱、空気調節など実務的な熱機械についてその基本を演習を通じで実際の問題に触れて行く。
教科書:斎藤、小泉著、 「工業熱力学」、 共立出版
参考書:Yunus A Cengel,Micheal A Boles著、 図解基礎熱力学、オーム社
その他必要なもの:電卓、レポート用紙、グラフ用紙
授業ホームページ
評価法:
期末試験
【授業計画】
回数授 業 内 容 と そ れ に 必 要 な 準 備
第1回
開放系のエネルギ方程式の問題(基礎的問題)
第2回
保存式の理解につながる基礎問題と熱効率
第3回
開放系のエネルギ方程式の問題(少し発展した問題)
第4回
ボイラ、熱交換器、ノズルなどの機器についての問題、エクセルギバランス、エントロピ閉塞
第5回
ボイラ、熱交換器、ノズルなどの機器についての問題、エクセルギバランス、エントロピ閉塞
第6回
気体流れ。気体の状態変化およびエネルギ、エントロピなどの変化過程
第7回
蒸気の性質についての問題、蒸気表の見方、ランキンサイクルのサイクル計算の方法
第8回
湿り空気を扱い、相変化を伴う場合の熱計算方法
第9回
固体内の熱伝導を簡単な熱伝導方程式
第10回
簡単な熱伝達問題
第11回
基礎的な燃焼と化学変化についての問題、熱バランス問題
第12回
熱化学平衡計算問題