科目名:生活エネルギー環境工学3年春期
英文名 Engineering of Energy and Environment in Life
ふりがな きしもとけん
担当者 岸本 健
授業のねらいと概要:
身の回りの現象のうち、エネルギーの生成過程やエネルギーの利用過程について改めて見直し、エネルギーに対する工学的な考察を行う方法を学ぶ。同時にエネルギーに付随した物質の循環、特に廃棄される物質から環境問題を抽出し、そのサイクルについての認識を学ぶ。
教科書:特に指定しない。
参考書:授業内で指定する。
その他必要なもの:
評価法:
エネルギーと環境の生成過程と消費や処理、リサイクルとのバランスについて、現在の世界における状況の理解度を問い、学生がモデル提案した結果の生活の改善状況の報告について評価する。
【授業計画】
回数授 業 内 容 と そ れ に 必 要 な 準 備
第1回
総論。身の回りのエネルギーとは:
第2回
総論。人の生活の変遷と物質消費の変化:
第3回
各自のエネルギーと環境の関わりについての議論(I):
第4回
電気、化学エネルギーの直接利用形態:
第5回
電気、化学エネルギーの間接利用形態:
第6回
ごみとエネルギー関係:
第7回
産業形態と産業廃棄物の種類:
第8回
リサイクルとはなにか:
第9回
効率的エネルギー利用と廃棄物の関連:
第10回
気体廃棄物が環境に与える影響:
第11回
液体、固体廃棄物の環境への影響:
第12回
内分泌かく乱物質と人の生活:
第13回
環境問題はエネルギ問題と同時に解決できるか:
第14回
各自のエネルギーと環境の関わりについての議論(II):