URL:www.comb.kokushikan.ac.jp/klab/inlab/HW_mail/mail.html

電子メールの使い方:Mew

BACK NEXT

研究室で使用している UNIX のメールを取り扱うプログラムは Emacs で動作する Mew というものです。 いくつか詳しい解説書がありますので,大体 内容がわかったら,解説書を読みましょう。

メールを書くためにブラウザをいちいち立ち上げるのやめましょう。



































BACK NEXT

Emacs を起動する。

kterm の上で,Emacs を起動します。これが kterm です。タイトルバーに kterm .. と書いてあるから判りますね

ここで,

emacs &

として,emacs が 開きます。

研究室の Emacs は,マウスは使用できます。でもほとんどの動作をキーボードか らするようになっています。[Ctrl]や[ESC], [Alt]といったキーを用いて,全機 能の一部ですが,いろんな機能をこなすわけです。

Emacs のキー操作を参照して下さい。 ---- 重要



































BACK NEXT

Emacs 上で Mew を作動させる。

emacs が 開いたら,M-x mew とします。 ( M-x mew って,どうやってするの? )

もう1つの方法は,File メニューから Read Mail を選ぶ方法です。マウス の左ボタンで File を押えると右のメニューが出てきますので,マウスボタンを 一旦離し,Read Mail に合わせて,左ボタンを押します。
すると,ミニバッファーに何やら表示されてから,送った人のリストが表示され,

となっているはずです。もちろん画面はあなたのメールですので,このままでは ありません。

Mew は Emacs/Emacs で操作するマルチメディア対応のメールソフトです。ネッ トワークニュースも読めます。



































BACK NEXT

到着したメールを読む。

このどれかの行にカーソルを当てて,.(ピリオド)を叩くと,

このように,画面が上下2つに分かれて,下の画面にこのメールが表示されます。
下の画面にカーソルを運んで(C-x o),上に(C-v)下に(M-v)動かしてメールを全 部読みましょう。

C-x o
[Ctrl]を左手の小指で押しながら中指で[X]を押す。そして,[Ctrl]から 指を離して,右手薬指で[O]を押す。
C-v
[Ctrl]を左手の小指で押しながら人差指で[V]を押す。
M-v
[Alt]を左手薬指で押しながら人差指で[V]を押す。


































BACK NEXT

メールを送る。

では,eri さんにメールを出して下さい。

Emacs/mew 上の info 画面で w を押します。w は write の意味!.
画面が更新されて,先頭行の To:にカーソルがある はずです。To:eriとして下さい。

To: ken, keiko, eri
のように `,' (半角のカンマ) で区切ればたくさ んの人にイッペンに送れます。

つぎの行は,Cc:ですね。Cc: は carbon copy のこと。つまり複写して他の人に出すという意味。
他の人にも,自分にも送れます。 すでに,自分の名前が書いてあるかも知れません。これは,手紙を出すとそ のままでは控えが残らないために,自分にも返信されるよう設定してあるからで す。大事なメールの時には,自分の名前を書きます。

あなたが emily だと,

Cc: emily
といった具合いです。

だれに carbon copy を送ったのか知られたくない時には、 Bcc:です。 Bcc: に続けてコピーを送る人を書くと、 To: に書いた人にはこの行は送られませんので、 受け取った人には誰にコピーを送ったのか分かりません。

さらに次の行は Subject:ですね。 これはメールの表題です。表題で手紙を分類したり, 整理したりすることがよく行われますが, あなたの出そうと思っている人もそうかも知れません。 必ず書きましょう。

ここでは,

Subject: Re: アカウント作成しました。
とします。Re は返事という意味です。

宛先を書き終えたら,--------の下にカーソルを持ってきて メールの本体をを書きます。

Emacs で日本語が書くなり、英語 で書くなりして、C-c でメールを送ることができます。

メールを書いている時(mew-draft-mode)に使えるコマンドとして

C-c C-c メールを送る
C-c TAB 自分のサインを入れる。
C-c C-a
mh-check-whom 送り先を確認する。
などがあります。Mew/drafts というメニューバーを操作してもできます。



































BACK NEXT

絵やファイル,音声などをメールを送る。

Mew では,絵やファイル,音声などをメールに入れて送ることができます。手紙 の中に写真やカセットテープを入れるようなものです。このメールは マルチパートメールといいます。 このセクションを見るようになるとあなたもメールを使いこなすようになった証 拠です。

でメールを書いているときに、`C-c C-a'と入力すると、草稿の一番下に

-------------------------- attachments -------------------------
  Multipart/Mixed                                            42/
  1  Text/Plain(guess)                                          CoverPage*
  2                                                             .
----0-1-2-3-4-5-6-7-8-9-----------------------------------------
という行が挿入されます。

. にカーソルを当てて,cを入 力します。

ミニバッファにCopy from: ~/とコピー元のファイルを指定する ように出てきますので,

    Copy from: ~/src/fig/lgpib.ps
と,送ろうというファイル名を入力します。

次に,

Copy to (lgpbib.ps):
となりますので,そのファイルの送り先でのファイル名を入力します。 同じ場合は。[Enter]キーを押します。 そうすると,
-------------------------- attachments -------------------------
  Multipart/Mixed                                            42/
  1  Text/Plain(guess)                                          CoverPage*
Q 2  Application/Postscript                                     lgpbib.ps
  3                                                             .
----0-1-2-3-4-5-6-7-8-9-----------------------------------------
と,パートが出来上がりました。ここはたったの一行ですが送る時は指定したファ イルが差し込まれています。



































[BACK] [TOP]

もっと Mew を使いこなしたい。

もっと詳しい解説書があります。以下を参照して下さい。


































Copyright 1996 @Ken Kishimoto