next up previous contents
Next: カーソルジャンプ Up: yaHTML モード Previous: 外部コマンド起動

補完入力

「野鳥」で利用できる、「begin型補完」、「section型補完」、「large型補完」、 「maketitle型補完」、「アクセント補完」と全く同じキー操作で対応するHTMLタグ の補完入力ができます。それぞれの型の補完は順に、「複数行に渡るタグ入力」、 「空要素タグ(imgなど)の補完」、「一行内での開始/終了タグの入力」、「空要素空 属性タグの入力」、「文字参照入力」に対応しています。具体的には

C-c b (野鳥のbegin補完に対応)
<ul> 〜 </ul>
のように開始タグと終了タグを二行に渡って書きたい場合の補完を指します。 おもにブロック型タグが補完候補に含まれます。
C-c s (野鳥のsection型補完に対応)
<img src="foo.gif" alt="photo">
のように終了タグを持たず、かつ属性値のみで機能を指定するタグを補完しま す。補完候補としては、img, input が存在します。
C-c l (野鳥のlarge型補完に対応) begin型補完とほぼ同じですが、
<big> 〜 </big>
のように一行内に開始/終了タグを入れたいときに利用します。
C-c m (野鳥のmaketitle型補完に対応) 要素も属性値も持たないタグを補完入力します。<br> などが補完候補に相当します。
`C-c a (野鳥のアクセント補完に対応) エンティティ参照による文字表記を入力するときに用います。 デフォルトでは < (&lt;), > (&gt;), & (&amp;), " (&quot;), ' (&apos;), ブランク (&nbsp;) の補完入力が行えます。



Kishimoto Ken
平成20年3月1日