next up previous contents
Next: ファイル名の書き方 Up: ファイルとファイルシステム Previous: ファイル


ファイルシステム

UNIX に重要なものには, ファイルシステムふぁいるしすてむがあります。 さまざまなファイルは ファイルシステムとして管理されています。 このファイルシステムは 何百というファイルを分類して管理しておく棚のようなものです。 ファイルシステムを構成しているのは, 主にディレクトリでぃれくとりと 普通のファイルふぁいる, 特殊ファイルの3つです。

実際とはちょっと違いますが, ディレクトリはファイルの索引を入れておくファイルというように 理解するのがよいと思います。

その索引にはファイルの名前ばかりではなく, ファイルモードや作成日時, サイズなどの情報に加えて ファイルが ファイルシステムの中のどこ(i-ノード)にあるかなどの情報を持っています。 ファイルは文字が書いてあったり, 命令が書いてあったりするものです。 ファイルにはたくさんの種類があります。この種類はまた後で説明します。 ディレクトリはこれらのファイルをいくつかまとめて入れておく フォルダーふぉるだーです。 また, 他のファイルシステムへのエントリとなることもあります。

UNIX ではファイルシステムは1つの図[*] のように 木構造を取っています。 この主となるファイルシステムに別のファイルシステムを接続して 大きな1つのファイルシステムを構成しています。 このファイルシステムは OS の種類によって少しづつ異なっています。

ファイルシステムはディレクトリとファイルの2つをつなぎ合わせて 構成されていて, 例えば図[*] のようになっています。

図: ディレクトリの構造(ディレクトリツリー)
\includegraphics{figs/a02.eps}

最も上の / はルートと言われる名無しのディレクトリで すべてのファイルシステムの一番上にあるものです。 このディレクトリにはたくさんのディレクトリとファイルがあり, そのディレクトリの中にも またたくさんのディレクトリとファイルがあると言った具合いに どんどんつながって,たくさんのファイルが分類されています。

また,folder の形で示されるディレクトリには 必ず2つのディレクトリエントリ ... と があります。

この2つの意味は

. 自身のディレクトリ情報
.. そのディレクトリの1つ上の親ディレクトリを指し示すもの
です。
この2つは話が進むにつれて重要になります。


Kishimoto Ken
平成20年3月1日