next up previous contents
Next: メールの返事作成 Up: mew Previous: メールをマーク(*)

メールの作成

メールを作成する場合には、サマリー・モードで`w'キーを押すか、M-x mew-sendを実行します。 すると、 図[*]のように画面がドラフト(Draft)モードになります。 この状態で To:Subject:を入力し、``---''で区 切られた下に本文を作成します。 To:Cc:フィールドでは、 MHの alias 機能で記述された alias 情報からの補完が、 TABキーを押すことによって可能になっています。 よくメールを出す相手のアドレスをalias機能で記述しておくと便利でしょう。 また、 メールヘッダーのフィールドの補完、 フォルダ名の補完も同じくTABキーで行えます。 ただし、ドメイン名の循環的な補完だけは、`C-c TAB'となっています。

最後に`C-c TAB'で /.signatureを挿入し`C-c C-m'でMIME フォー マットに整えます。

すると、自動的に最適な Content Type が挿入されます。 そして`C-c C-c'で送信します。` C-c C-m'を省略していきなり`C-c C-c'で送信してもかまいません。 すると自動的にフォーマットが整えられ確認を求め てくるので、`y'あるいはリターン・キーを押すと、メールが送信されます。



Kishimoto Ken
平成20年3月1日