next up previous contents
Next: 各自の環境 Up: UNIX を使おう(ユーザ編)Linux を使用した研究室の計算機環境 Previous: UNIXでプログラムを書く


UNIXの初歩の管理と各自の環境

前にも書きましたが, UNIX を覚えて役に立てようと思うならば, 暇があったらコンピュータをおつき合いする必要があります。 ゲームをしてのおつき合いは全然上達しません。 研究室では実験データの整理,レポート作成,レポートの提出, 設計,製図などすべてコンピュータで殺ってもらいます。 しかし, 冷たいことに誰もコンピュータの使い方を 教えてくれません。 コンピュータは自習して習得するものです。

もし,マスターしたいならば 次の順番で学ぶと良いでしょう。

こんな順番で勉強してゆけば,論文が書けます。 もちろん論文の中身がなければダメですが、論文を書く技術を身につけたことに なります。 しかし,1日や2日で何かできるとは思わないことです。 上に書いた1つ1つのことは初心者には数日かかり, 中には数カ月かかることも書いてあります。

わからないことがあったら人に聞くことは良いことです。 しかし,質問されてあなたが 勉強したことを他人にそのまま伝えるのは不親切です。 質問を受けたら, どのようにして,その知識や情報を知り得たかを教えてあげましょう。

A君から

A「××××するにはどうすればいいんだい?」
と聞かれたら
あなた「◯◯◯◯をこうこうして,△△△△し,そして$\cdots\cdots$すればいいん だよ。」
はだめです。
あなた「◯◯◯◯をこうこうするんだけど,□□□□を見るともっと詳しくわかるよ。 」
が正しい情報の伝達方法です。A君は□□□□を見る方法と□□□□に書いてあ ることの両方を習得できるわけです。 そうでないと □□□□を見る方法を知らないA君はあなたの不正確な情報のために 何度も何度もあなたに質問することになります。



Subsections

Kishimoto Ken
平成20年3月1日