next up previous contents
Next: コンピュータを操作する Up: シェルの働き(コンピュータはどうやって動くのか) Previous: シェルの話

UNIX はマルチユーザー

さて、コンソールの前に座っているのはあなたです。そこには、CRT ディスプレー に画面が表示され、あなたの入力を静かに待っています。 このコンピュータは誰も使用していないように見えます。でも、 ネットワークを通して、誰かが使用しているかも知れません。 それに、使用しているのは他人ではなくコンピュータの中のプログラムが 人知れず作動しているはずです。

このように UNIX では DOS や Windows と異なり、一度に多くの人が使えるように 設計されています。そのため、 今、あなたの前に広がっているたわいもないログイン画面に、「入ります」と挨 拶をしなければならないのです。

xdm

図: ターミナルコンソール
gnome-term

これは、ネットワークを通じてあなたが多くの資源を使うためように このコンピュータもネットワークに資源を提供しています。 ネットワークに接続された UNIX などの計算機は、 ネットワーク上でなくてはならない物になっているのです。 そのため、その計算機があなたの所有物であるかどうかは問題ではなく、 ログインという挨拶をしなければならないのです。

計算機を立ち上げると上の画面のようになります。 あなたは,上の画面に自分のユーザー名と 密かに作成したパスワードぱすわーどをキーボードから入力します。 パスワードはコンピュータを使う時の暗証番号です。 パスワードはあなたが入力中に誰に後ろから見られて, 他人に読みとられることのないように画面には出てきません。 この操作をシステムにログインろぐいんするといいます。 初めてのログインのときのパスワードは管理者が教えてくれます。 このパスワードはログインした時に変更しておきましょう。

システムにログインすると, X Window というグラフィカルな画面が目の前に広がります。 この環境はシェルではなく, UNIX のプログラムの1つである X Window というウィンドーマネージャ がやってくれています。 このウィンドーマネージャについては別に説明しますが, この広がった画面の中に 図[*]のような1つのウィンドーがあるはずです。

いろいろな計算機と通信を行い, あなたと計算機が対話するためのプロセスとして存在する kterm とか gnome-terminal という名前のウィンドーです。 このウィンドーの上で作動しているのがシェルです。 この画面にある `%'1.1 は あなたにコマンドを入れて下さいとシェルが促しているのです。 この文字列をプロンプトといいます。

この画面にマウスを入れて, キーボードからコマンドを入れるとその命令が実行されます。 この命令を解釈して命令を実行させる を全面的に請け負っているのがシェルです。

研究室では, bash(ボーンアゲイン)というシェルを使用しています。

マウスで操作するウィンドウズでは、ボタンで機能を我々に示し、 マウスを操作することでその機能を実行します。 マウスで操作できるのはプログラムが用意しくれたボタンの数だけと なります。 しかし、kterm から操作できるコマンドはデフォールトで 2500 ほどあります。 2500 ものコマンドをボタンにすることは不可能です。

一つのコマンドでも、オプションを付けることができ、 様々な変化のある処理を 行うことができます。 このオプションの変化の数まで入れると、 キーボードから命令を入力して実行することの豊富さは、 マウスの比ではありません。

そこの人!。

すぐに、キーからマウスに手を伸ばすのをやめなさい。!!!

プログラマや情報処理技術者にはなれませんよ。



Kishimoto Ken
平成20年3月1日