next up previous contents
Next: 漢字モードでの操作 Up: Mule で日本語を入力する Previous: Egg での入力の基本


フェンスモードでの操作

このフェンスモードでは, 入力していった文字は SPACEキーで漢字になって行きます。 このとき,文節をひらがなに替える時はM-hです。 同様にカタカナに替える時にはM-kです。 このように入力する文字種を替えることができます。 しかし,注意しなければならないことはフェンスモードで使用できる キーであると言うことです。

モードが[あ]となっているからといっても フェンスモードでないとキーは別の意味を持ちます。

フェンスモード([あ])で利用できるキー
C-b か [$\leftarrow$] 1文字前へ移動
C-f か [$\rightarrow$] 1文字後へ移動
C-a 先頭の文字へ移動
C-e 最後の文字へ移動
C-d 1文字削除
C-k カーソル以降を削除
C-t カーソル前後の文字を交換
[DEL] カーソル前の1文字を削除
M-h フェンス内の文字をひらがなに変換
M-k フェンス内の文字をカタカナに変換
ESC < フェンス内の文字を半角文字に変換
ESC > フェンス内の文字を全角文字に変換
C-_ JISコード入力
C-^ 記号など入力
M-x busyu-input 部首で入力
M-x kakushuu-input 画数で入力
C-\ アスキー半角入力と変換モードとを切替える。
C-M-h ひらがな入力を選択する。
C-M-k カタカナ入力を選択する。
M-z, M-Z 全角文字入力を選択する。
C-cC-g 入力をキャンセルしてフェンスモードから抜ける
C-l か [RET] 確定してフェンスモードから抜ける

C-M-hは,Ctrl(左小指)とAlt(左親指)を同時に押しな がらh(右人指指)を押します。

よくあるミスですが,フェンスモードではないのにC-M-kを押すと,これ はM-x kill-sexpであり,式を消す意味があります。また,M-k は 1文消去ですので,慌てることになります。 フェンスモードになっていない時,[a][ア][aa]など [あ]ではないとき, [あ]にするには,何か1文字入力してフェンスモードとしておいて C-M-hを押します。

● 全角英数入力

フェンスモードで M-z, M-Zを押すと,全角文字入力モードとなります。 モードは[a][A]となります。 ひらがなモードにするにはそのままフェンスモードでC-M-h を入力します。 1文字の全角英数文字の場合は,M-z, M-Z による方法ではなく,Z に続いて英数文字を入力する法が便利です。

● 半角英数入力

フェンスモードでC-\を押すとモードが [aA]となり,半角入力できます。 C-\で元の[あ]のかな入力モードとなります。

● 記号入力

記号入力は,フェンスモードに入る前にC-^で選択入力できます。 また,小文字のzに続いて 表[*]にあるような アルファベットか数字1文字でも記号を入力すること もできます。

この表は $EMACS/lisp/egg-ekdump.el に記述してあり, 自分好みの変更は .emacs にコピーして, egg-ekdump.elと同じように書けば変更可能ですが, この表はデフォールト(ユーザーが特に指定しないまま)での 変換表です。

しかし,多くの文字は漢字のコードを使わずにTEX の文字を使うことができま す。できるだけTEX コードを使いましょう。

表: 直接記号入力
1 C V ÷ l ! | ^
2 D W m ' ` ´ \
3 F X :-) n # { @
4 G b ° p $ + ± [
5 M c q % * × ;
6 N d r & £ } :
7 P f s ' < ]
8 ¢ Q g t ( > ,
9 R h v ) ? .
0 S j w = _ /
B T § k x :- ~ ¨ -    


next up previous contents
Next: 漢字モードでの操作 Up: Mule で日本語を入力する Previous: Egg での入力の基本
Kishimoto Ken
平成20年3月1日