next up previous contents
Next: アレンジメニュー Up: 図面作成 - tgif - Previous: 保存方法

日本語の入力

日本語化されているtgifでは当然のことながら日本語が描けます。フォントメニュー の下半分にあるRyumin, Gothic, Ryumin-V, Gothic-Vが日本語のフォント です。これらフォントを選択するだけでは日本語は入力できません、そう日本語 入力システムが必要なのです。変換エンジンは Mule 同様 canna ですが、 X上の入力クライアントとして kinput2 を使います。具体的な手順は、
  1. mode を文字列描画にする。
  2. 文字を描きたい場所で左ボタンをクリックする。
  3. \fbox{Ctrl}+\fbox{SPC} により kinput2 を呼び出す。
です。日本語入力ウィンドウが現れれば成功です([*] 参照)。 ただし、kinput2 は .xinitrc に次の1行を追加して起動させておかなけ ればなりません。
\begin{itembox}[r]{}
kinput2 -canna \&
\end{itembox}



Kishimoto Ken
平成20年3月1日