next up previous contents
Next: EPSファイルの出力 - set term Up: 対話的な使い方 Previous: 対話的な使い方

2次元プロット - plot -

そこで、1年生の物理実験でお馴染みのフラウンフォーファー回折強度の理論曲 線

\begin{displaymath}
I(x)= \left( \frac{\sin x}{x} \right)^2 I_0
\end{displaymath}

の図を描かせましょう。


\begin{screen}
\verb\vert gnuplot>\vert \sl plot (sin(x)/x)**2
\end{screen}

と入力してください。別の窓が現れてグラフが表示されます([*] 参照)。$x$ 軸の範囲はデフォフトでは $-10$ から $10$ です。軸の目盛(ticsと呼ばれる)も適当につけられます。もちろん範囲 や目盛や軸の名前を任意に設定することもできます(後述)。$y$ 軸の範囲はデフォ ルトでは全てが図面内に収まるように自動調整されます。

図: gnuplotはXでは別窓にグラフを表示する
\includegraphics[width=13.5cm]{figs/gnuplot.eps}



Kishimoto Ken
平成20年3月1日