next up previous contents index
Next: 熱伝導検出器(Thermal Conductivity Detector,TCD) Up: ガスクロマトグラフ Previous: ガスクロマトグラフ   目次   索引

熱伝導式

恒温制御オーブンに吸着剤を詰めた管を設置し, この中に検知すべきガスと参照ガス(キャリアガス)を流すことで各分子を分離し, キャリアガスのみとこの混合ガスの熱伝導率の差を 細線に対する熱伝達差として検出する方式である。

図 3.93: ガスクロマトグラフ
\includegraphics[scale=0.7]{Figs/gaschromat.eps}

この方式は混合ガスの熱伝導率$\lambda_{mix}$が,濃度$x_1, x_2$を用いて

\begin{eqnarray*}
\lambda_{mix}&=&\frac{x_1\lambda_1}{x_1\phi_{12}+x_2\phi_{12}}...
...mu_j}\right)^{1/2}
\left(\frac{M_i}{M_j}\right)^{1/2}
\right]^2
\end{eqnarray*}

と表され,キャリアのみの時の熱伝導率$\lambda_{car}$との差 $\lambda_{mix}-\lambda_{car}$$x_1»x_2$のときは,微小成分$x_2$にほぼ比 例することを利用している。

図 3.94: TCD出力
図 3.95: FID出力
\includegraphics[scale=0.75]{Figs/gasc-tcdout.eps}
\includegraphics[scale=0.75]{Figs/gasc-fidout.eps}



Ken Kishimoto 2014-06-02