next up previous contents index
Next: ロータリーエンコーダ/マグネ・光学スケール Up: 長さ検出 Previous: 静電容量型変位計   目次   索引

光/超音波による距離測定

光や音を用いた距離測定は2つの地点を往復する時間を測定するもので, 光によるものは、 レーザーを用いて、反射シートまでの距離を検出するセンサである。 距離範囲は 0.5$\sim$100m の範囲で精度5mmを検出することができる。

超音波センサでは、20kHz から 60kHz がよく用いられる。 音速は温度と湿度に左右されるが,5m までの距離を 精度10mm程度の精度で計測する。

もう一つの原理は三角測量に基づく方法で図のようにレーザー光があたった場所 から 散乱する光をアレイダイオードや 章3.3.8に示した PSDなどで受けることで位置から距離を計算する。

図 3.107: レーザー変位計の原理
\includegraphics[scale=0.7]{Figs/laser-posit}

3.107の(A)は表面にあたったレーザー光は拡散反射する。レー ザー光のあたった場所をレンズのような集光システムでアレイダイオードに結像 させる方式である。比較的光沢のない面でも測定できる。(B)図は、金属など光沢 のある面で正反射させ、反射光で測定する方式である。



Ken Kishimoto 2014-06-02