next up previous contents index
Next: 定常エルゴード雑音 Up: 非周期性雑音 Previous: ドリフトノイズ   目次   索引

ポップコーンノイズ

ダイオードやトランジスターなどでは, 不規則に飛び跳ねるノイズが出る。 これは半導体の性質の1つで分子構造によるもの、回路内の浮遊容量の放電と宇 宙線などに原因のあるものと言われているが,数秒間に1ないし数回のパルス波 形が出ることがある。これをポップコーンノイズという。時おり連続して集中的 に出るノイズをバーストノイズ と言うこともある。

この雑音に似たものとして,他の離れた機器から電源ラインを伝わってくる電源 ON/OFF 時の混入雑音や回路やコネクターの接触不良から来るノイズもあ る。これらは電源回路設計や接触不良の点検でほとんどの場合、防止できるが発 見に苦労することも少なくない。

同時に、異種金属の接触4.1による 熱起電力や ハンダペーストなどの化学物質によるガルバニ電池による 起電力によるノイズや ゲインやインピーダンスの大きな回路中に 不用意にツェナーダイオード(アバランシュ雑音をだす)や 磁性材料(バルクハウゼン雑音 )を組み込む ことによるノイズなどがある。

スイッチの開閉によるチャタリングノイズもポップコーンノイズに なる。



Ken Kishimoto 2014-06-02