next up previous contents index
Next: MOS構造 Up: 光センサ Previous: PSD:位置検出デバイス   目次   索引


イメージセンサ

イメージセンサは CMOS(Complementary Metal Oxide Semiconductor 金属酸化物半導体)と CCD(Charge coupled device 電荷結合素子)に大別される。 MOS 型は、MOS-FET とフォトダイオードで構成されている。 CCD 型は、MOS構造にフォトダイオードを結合して構成されている。 いずれも MOS 半導体でできた2次元に多くの光センサを配置して 鏡やレンズで構成されたイメージを写真のフィルム上に結合するときの フィルムの場所に接地してイメージセンサとして用いる。

カラーイメージセンサとしては、 イメージセルにベイヤー配列というカラーフィルターの 配列をして1枚のイメージ素子ですべての色を受ける 単板方式と ダイクロイックミラーやプリズムで RGB3原色に分け3枚のイメージ素子を用いる 三板方式や [RB]-Gという二板方式がある。



Subsections

Ken Kishimoto 2014-06-02