next up previous contents index
Next: 光ファイバー圧力センサ Up: 感圧センサ Previous: 感圧塗料   目次   索引

感圧導電性エラストマー[12]

基材である絶縁性のエラストマー 3.4やゴム材料中に カーボンや金属粉末などの導電性粒子の 均等に分散された状態で、板状など成形したセンサを利用する。 この板を加圧しないときには 導電性粒子は互いに接触しておらず、 高い電気抵抗値を示す。 加圧すると導電粒子が徐々に接触し始め、 導電経路が増えて電気抵抗値は滑らかに低下していく。 このセンサも$F$-$R$特性上でヒシテリシスを示す。 薄膜感圧導電エラストマーは、イナバゴムなどが販売している。図 3.69に一例を示す。

図 3.69: 感圧導電性エラストマーの例(イナバゴムのカタログから)
\includegraphics[scale=0.5]{TgifFigs/pconerast0}


\includegraphics[scale=0.5]{TgifFigs/pconerast}
(A) 形状の一例 (B) $F$-$R$特性の温度依存性



Ken Kishimoto 2014-06-02