next up previous contents index
Next: マクラウド真空計 Up: 真空計 Previous: 真空計   目次   索引

ガイスラー管真空計

ガイスラー管はT字型したガラス管であり、 内径20mm程度のガラス管と 中央部分に真空ポンプに接続するためのガラス管から構成される。 両端に 間隔は10cmの電極がある。 この電極間に10kV程度の高電圧を印加して放電させる。 電源として直流と交流があるが 高電圧電源として交流を用いると図3.73のように 放電の形状から圧力を判断できる。



Ken Kishimoto 2014-06-02