LAB MARK

オイルダンパーの過熱時の
P-Tシミュレーション Ver. 3.3

presented by JSSI   English
○  パラメータ設定.
容器の形状 形状の説明説明ページを参照
内長 Lmm 側面肉厚 ΔD/2mm,
内径 Dmm ロッド径 Dimm
容器材質
容器材質は線膨張率、ヤング率、横弾性係数、ポアソン比の値と温度・圧力係数が
既定値に組み込まれています。
シリンダ内容積の熱膨張による変化率,圧力による膨張率は、 です。
アキュムレータ
アキュムレータ径 Dcmmm アキュムレータ長 Lcmmm
アキュムレータ初期長 Lcm0mm
アキュムレータ最大圧 PmaxMPa アキュムレータ初期圧 Pcm0MPa
リザーバタンク有無 リザーバタンク容量 VoptLiters
内容積 VLiters  内容積調整容積 VLiters
容器内空気量Liters  内容積オイル量Liters
オイルの種類 オイル物性値説明ページを参照
  初期温度oC   初期圧力MPa
  初期ガス溶解量g/kg   ガス溶解割合--
計算終了温度oC 計算終了圧力MPa
漏れシミュレーション   孔等価直径mm
  漏れはじめ温度oC   漏れはじめ圧力MPa
漏れの等価直径が小さい時には2分程度の計算時間がかかる時があります。 結果が出るまで、少しお待ち下さい。
ガスの溶解度や溶解後の温度・圧力依存性は、設定値を使用します。 この値をユーザーが設定する必要なときには一報ください。
このサイトの元になった論文です。

Copyright 2015 Ken Kishimoto