TeXのツール:簡単に使うため

国士舘大学理工学部       
岸本 健 kkishim@kokushikan.ac.jp

私は普段からほとんどの文書をLaTeXで記述しています。 いつも問題があれば尋ねる奥村先生のサイト、Emacs 上で YaTeXという便利なlisp パッケージを提供頂いている、LaTeX 関係の情報をご提供していただいている ネット上の方々には、本当に感謝しています。

そこで、長い間、自分用にと使い続けているツールを提供します。いつものよう にフリーですので、許諾なしにお使いください。また、サポートは気の向くまま にさせていただければありがたいです。

私のLaTeXを使う環境です。

OS:Vine Linux
TEX:上記distribution に梱包された標準 pLaTeX 環境
  1. だいたい一つのディレクトリで1つの文書を作ります。大きいものもあり ますが、1ページものもありますが、1文書1ディレクトリです。
  2. そこに、こんな Makefile を置きます。たった2行です。
    #
    BODY = main
    include /usr/local/lib/compile/Makefile-tex.add
    
    /usr/local/lib/compile/Makefile-tex.add を読み込んで、main.texをタイプセットしますというもので す。 スクリプトなどを独自に置いている場合にはその場所を絶対パスで指定してくだ さい。
  3. このディレクトリで、
    users:$ make 
    
    と4文字+改行の5文字をタイプするだけです。

    Makefileのダウンロードはここから!

  4. すると、後述する texpak というプログラムを起動して、include や input によって外部から読み込んでくるファイルの依存関係を調べると共 に、latex で作成した文章に必要なファイル style ファイルや bib ファ イルについてもその中身をスキャンします。

    texpakのダウンロードはここから!

    ダウンロード⇒展開⇒コンパイル⇒インストール
    で利用できます。

  5. 特に画像ファイルは、eps ファイルが取り込まれますが、このファイルを 咲くせするために、gnuplot, gimp, tgif, inkscape, xfig などのソフト が利用されます。
    これらのソフトの形式で保存されたファイル、たとえば,
    アプリケーション名ファイル拡張子変換ソ フト
    写真.jpeg, jpgconvert
    tgif.objtgif
    inkscape.svginkscape
    gnuplot.plot, pltgnuplot
    gimp.xcfconvert
    によって、eps に変換して LaTeX に取り込まれることになります。 この変換は、texpak が自動的に行います。
  6. さらに、makeindex, jbibtex, dvipdfmx なども必要な自動的に行います。 本当に4文字+改行の5文字をタイプするだけです。
  7. そして、
    users:$ make clean
    
    とすると、texpak がアプリを起動することで作り出せると判断できた eps はせっ せと消去し、.aux .log. bbl, .idx, などの中間ファイルも消去してくれます。
    この他にも
    #      make       : TeX をタイプセットする。
    #      make clean : タイプセット作業で作成したファイル eps, ps を消去する。
    #      make eps   : EPS ファイルだけ作成します。
    #      make view  : タイプセットの結果を xdvi で見る。
    #      make print : タイプセットの結果を印刷する。
    #      make pdf   : pdf を作成します。
    #      make pak   : 必要なファイルを相対パスでパックします。
    #      make ppak  : 必要なファイルを絶対パスでパックします。
    
    という機能を提供します。
私の研究室の環境は、VineLinux 6.2 ftp 版のマシンが 10台。NIS でマシンを 共有しています。LaTeX の環境は、Vine Linux インストールの環境に IPA のフォ ントを組み込んで使っています。
[戻る]
Copyright 2014 Ken Kishimoto