循環器系工学 Circulatory Reconstruction Engineering

岸本 健
機械情報工学科
生物的に見てみると、多くの食連鎖の中で自滅的な消費を行ってきたが、 そのたびに遺伝的特性として、低消費サイクルを構成する器官や昨日が備わっ てきた。 現代の工業化は資源の消費を促進したが、 この遺伝的な適合変化を持つために形成された生物の器官を分析することで 持続可能なリサイクル社会を提案し、構成することが重要である。
このため、バイオ技術の一部である細胞構成とその代謝、ホルモンに代表され る人体調整機能などを教授し、 工学にアナロジーをして、 未来工学の発展の方向性を考えていく。
演習を含んで、生物的な循環機能と社会のリサイクル状況とを対比させながら 講義を進めてゆく。
現在、開講中。e-Learning のサイトに教材を置いています. K