前<<<< >>>>後

熱エネルギーと物理

予習なくして合格はない。
,

エネルギー

エネルギーには様々なエネルギーがある。電気エネルギー、運動エネルギー、 位置エネルギー、熱エネルギー、光のエネルギー、音のエネルギーなどである。 これらは全部同じもの。エネルギーであるから加減算が可能。

エネルギーの保存(熱の第1法則)

あるシステムにおけるエネルギーの総和は入出力の収支で計算できる。 つまり、自然発生しない。

これが定義である。 であるので、エネルギーの総和は変化しない。
振り子やバネでは
(運動エネルギー)+(位置エネルギー)=(総エネルギー)
であり、運動エネルギーは位置エネルギーに形を変えて振り上がり、位置エネル ギーは振り降りてきて運動エネルギーになる。しかし、その和は不変である。

熱エネルギー

熱エネルギーの正体は分子や原子の熱運動が持つ運動や振動のエネルギーである。
mv^2=3kt

(m:分子の質量, v:分子の平均速度、 k:ボルツマン定数, T:温度)   


Copyright 2003 Ken Kishimoto